FXのリスク

FXを取引きする場合さまざまなリスクがあることを理解する必要があります。

 

まず、FXは貯蓄型の金融商品とは違いますから、各国の経済状況の動向などによって
大きく変動します。
レバレッジを利かせて証拠金の何倍もの取引きが可能な反面、レバレッジの倍数だけのリスクも生じます。

 

リスクのない投資はないということです。

 

様々なリスクを分類してみました。

 

為替相場の変動によるリスク

為替相場は、24時間常に値動きがあります。
予想に反した値動きをした場合、損失を被ることになります。

 

含み損が一定以上になると証券会社からマージンコールが発せられます。
これは、含み損に対する証拠金が足りなくなると発せられる警告で、
証拠金を回復させないとポジションを強制的に決済されます。

 

それ以上の損失が出ないように「リスクを最小限に食い止めてくれる安全装置」です。
証拠金とレバレッジを自己管理して自分でリスク管理する必要があるということです。

通貨金利(スワップ)によるリスク

FXは通貨ペアを売買することによって損益が生じるものですが、通貨によって金利が違いますから
金利差(スワップポイント)が生じます。
金利の低い通貨を売って金利の高い通貨を買った場合、その金利差を受け取れますが、
逆に、金利の高い通貨を売って金利の安い通貨を買った場合は、金利差を支払うことになります。

 

スワップポイントは毎日朝に受け取り・支払いをすることになりますので、
長期間マイナススワップの通貨ペアのポジションを保有している場合は
その日数分のスワップを支払い続けることになります。

システム障害・環境によるリスク

現在のFX取引きは主にインターネットを介して取引きされていますから、
パソコンの故障・不具合や、インターネット回線状況のトラブルなどの環境によるリスクも考慮する必要があります。
これを防ぐために、成り行きだけでポジションを持つのではなく逆指値の設定やOCOを使うようにしましょう。

 

安全な証券会社を選びましょう

現在存在しているほとんどの証券会社は信託保全によって顧客の資金が保全されています。
信託保全が執行されていない業者に対してはペナルティが課せられますので国内業者であればその点は
リスクがないと言えますが、海外業者の場合は信託保全がほとんどありません。

 

レバレッジ規制以降、ハイレバレッジでの取引きができるということで人気の海外FXですが
安全にFXトレードをするために国内業者を選びましょう。